コンディションの悪いiphoneは買取できない?


いくら中古品を買ってくれるといっても、コンディションの悪い本体では新しい機種のiphoneでも買い取ってもらえないのでは……と躊躇してしまう人も多いかと思います。

一般にジャンク品と呼びますが、画面の液晶が割れていたり、リアカバーの破損があったり、水没させてしまって電源が入らなかったり、という「使うときに支障が出る状態」のものです。お店によっては、このようなジャンク品の買い取りを拒否するところもあります。

しかし、本体の部品だけを再利用するやり方をとっているお店では、もちろん状態に何の問題もないものとは比較にならないくらい買い取り価格が安くなりますが、ジャンク品でも値段をつけてくれるところもあります。

どの程度の破損状況かで値段が変わりますので、やはり見積もりをお願いする必要があります。それほど破損がひどくなく、新しい機種ならば万単位で価格をつけてくれるお店もあるので、いろいろ探してみるといいでしょう。

This entry was posted in iphone買取の豆知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります