契約が残っているiphoneでも買取できる? 

Pocket

iphoneを購入する際、ほとんどの人が分割払いにして本体を買うのではないかと思います。

だいたいの場合は24ヶ月払い、二年間は本体分の請求が月々の使用料と一緒に来るという支払い方です。しかし二年も使っているとその間に新しい機種が出て買い返したくなったりもしますね。
その場合、古い方の機種は解約をして新しいのを、ということになりますが、分割払いですのでたとえ解約したとしても支払いが終わらない(残責あり)限りは請求が来てしまいます。

そんな状態でも、iphoneの本体を買い取りしてもらうことはできるのでしょうか。

実際のところは店舗によって、買い取ってくれるところと買い取りを渋るところがあるようです。買い取ってくれるところでも、「残責あり」の場合は査定に響くこともありますし、分割払いの未払いが続いてしまうと「赤ロム」と呼ばれる端末への遠隔ロックがかかった状態にされてしまいます。

他者がその端末を使っても使用することができないので、買い取りショップとしても売却に支障が出ることになり、やはり査定に響きます。
それでもいいという場合は、お店で相談してみるといいでしょう。

This entry was posted in iphone買取の豆知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found